July 04, 2005

ホームスとワトソソ

 それまで窓の外を見ていた私が、向きを変えて、自分の部屋へ向かおうとすると、ホームスが呼び止めた。
「ワトソソ、きみが図書館から借りている本ならここにあるよ」
 ホームスは目の前にうずたかく積まれた書籍の中から、一冊を取り出して、私に差し出した。
「ホームス、いったいどういうわけだ? どうして僕が考えていることがわかったんだ?」
 ホームスはパイプをくゆらせながら、答えた。
「何でもないことだよ。連想術さ。きみの思考のあとを辿っただけだ」
 私がなおも説明を乞うと、ホームスはアームチェアにゆったりと背を持たせながら語りだした。
「きみはさっきまで新聞を読んでいた。きみの目は、いつものように事務的に記事を追っているようだったが、ある箇所に到達すると、強く興味を惹かれたらしく、とたんにらんらんと輝き始めた。僕はきみが昨夜起きた密室殺人の記事を見つけたのだなとわかった。僕は新聞を見ていたので、どの面にその記事が出ていたかも知っていた。きみが開いていたのはちょうどそこだったからね。それからきみは、つと視線を本棚に向けた。きみの視線はポーの小説があるあたりで停止したらしかった。『モルグ街の殺人』を連想したんだね。きみは、視界の隅に捕らえた、ここの窓の外に何かを見て、ふらりと立ち上がった。まるでオランウータンのような歩き方だったから、きみが何を考えているかはすぐにわかった。きみは窓辺に立ち、外を見た。窓の向こうに君が見たのは、きっとローズ婦人の寝室の窓だな。連想が、オランウータン、檻、鉄格子、と進んだわけだ。あの通り、ローズ婦人の寝室の窓には鉄格子がはまっているからね」
 私は驚いて声も出せなかった。
 ホームスは私の驚きの表情を賞賛の表情ととらえたためか、面映そうに続けた。
「あとは簡単だ。ローズ婦人は図書館に勤めている。きみが先週借りて、すでに読了している図書館の本を思い出したとしても不思議はない。僕はいつも思うんだが、きみに推理の過程を聞かせないほうが、僕の推理能力に対する世間の評価は上がるんだろうね」
「すごいよ、ホームス」私は首を振った。「きみが言った推理の過程はすべて間違っている。にもかかわらず、結論が当たったことに僕は驚いているんだ」
 ホームスは度を失ってパイプを取り落とした。しかし床からパイプを拾い上げたときには、すでに落ち着き払っていた。
「ワトソソ。大事なのは過程ではなく、結果だよ。推理が正しくて結論が間違っているよりも、推理が間違っていて結論が正しいほうがよいのさ」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2005

サワリだけ先行公開

してみる。たぶんしちゃいけないことはないだろうから。


 灘は「和泉兄妹の部屋を見てくる」と立ち上がりながら言った。
 英実がついていこうとすると、灘は「いや、いいんだ。少し見てくるだけだから」と言い残して、食堂から出て行った。
 灘が階段を上るギシギシという音が聞こえてきた。英実はマグカップの中のコーヒーを見つめた。黒い液面に自分の顔が映っていた。疲れきった表情だ。あまりにいろいろなことが起こりすぎた……。英実はめまぐるしく様々なことが起こった昨夜の出来事を振り返ってみた。
 はじまりは、英実が手を滑らせて、側溝にタイヤを落としたことだった。「そこに美里の作為があったのではないかと疑っている」と英実は灘に話した。だが、本当は英実にも、よくわからないのだ。英実は、そのときの状況を頭の中で注意深く再現してみた。それは美里のせいだったようにも思えるし、単純に自分だけのミスだったようにも思える。
 それから、何が起こっただろう。雪かきをしていた英実と正雪がブーツを見つけたのだ。周囲の雪が赤く染まっていた。
 死体はなく悪戯だったと灘は言った。血痕のように見えたものはペンキだった。それで皆はいちおう納得した。
 ブーツのことはのちにふたたび問題になった。美里が「うさぎの耳」みたいに「真っ赤なブーツ」が雪から飛び出ていたのを見たと言ったのだ。美里の部屋からは紫のブーツがあった場所は死角になって見えなかった。ブーツは2組あったということだろうか? だとしたら、なぜそんなものが雪に突き立ててあったのか?
 ブーツと言えば、雪崩のあとにも、窓からブーツが見えた。どういうことだろう? 英実の頭は混乱するばかりだった。
 そして首を切られたオーナーの死体。英実は恐ろしさに身震いした。
 いちばん訳がわからないのは、皆が次々といなくなっていることだ。まるで異空間に飲み込まれたように忽然と消えてしまった。最初に消えたのは白河だった。次が美里。そして曽我部裕子夫人。和泉兄妹。残されたのは、灘と英実のたった二人になってしまった。
 そして……ああ、そうだ。あの奇妙な絵。あの、稚拙なだけに、なにかとても不気味なものを感じさせる絵。英実はあの絵のことを考えたくなかった。あの絵が英実の眠っている記憶をゆすぶり起こそうとするのだ。封印しておきたい記憶を……。
 英実は遠い記憶を探っていた。いつしか眠りに落ちた。


 ふと気づくと、食堂には英実一人だった。灘はまだ調査しているのだろうか。
 英実は灘を探すために二階に上がった。和泉兄妹の部屋を覗くと、案に相違して誰もいなかった。二階のすべての部屋を見て回ったが、灘の姿はどこにもない。英実はペンションを隈なく探してみた。灘も消えてしまったらしい。
 ついに独りになった、と英実は思った。
 他の人々は何の痕跡も残さずに消えてしまったが、唯一例外があることに、英実は気づいた。どのようにしてこの世からいなくなったにせよ、死体を残したのは、このペンションのオーナーだけだ。英実はオーナーの死体をもう一度見てみようと思った。いまさら謎を解こうとは思わなかった。ただ、じっとしていると、そのまま自分の体が消えてしまうのではないかと思ったのだ。
 英実は裏口から出た。昨夜の吹雪が嘘のように、外は静かだった。英実は懐中電灯であたりを照らしながら、雪を踏み分けて進んだ。
 オーナーの死体は幸い雪に埋もれていなかった。雪崩によって動いたためか、頭と胴体はやや離れた場所にあった。
 死体の胴体のほうに近づくにつれ、英実は違和感を感じた。1メートルくらいにまで近づくと、英実は驚きのあまり声を上げそうになった。


思わせぶりなところで切ってみました。
小説向きの普通の文章を書けないことが、いまの悩みです。
公開は7月7日らしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 28, 2005

停滞

ロジックを思いつかず、「トリック・オア・トリート」は停滞気味です。基本的な部分だけは書く前に考えておいたほうが いいなあと思いました。
HMCに出すほうの作品を考えています。こちらはトリック勝負で行くつもりです。新しいシリーズを開始します。雰囲気もがらりと変えて、カー、横溝、綾辻、麻耶みたいな作品世界にします。描写も緻密に……できたらいいなと思います。かなり気合を入れて書きます。……とにかくアイデアは自慢できるものなので、何とか作品として完成させたいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)