August 28, 2005

「テイルズ・オブ・レジェンディア」をやっています。
僕はもうそろそろテイルズファンをやめようかと思っています。
最近のテイルズは、ラノベやアニメっぽくなって不快なので。
キャラ萌えとかツンデレとか知ったことじゃない。いちいち喋るな。必要なことだけを言え。
「ミミーだパン」とか言われると、張り倒したくなります。
テイルズ作成者はヲタや腐女子に媚びないように。

僕がおもしろいと思ったテイルズは、「ファンタジア」「エターニア」「シンフォニア」この三作だけです。
僕は歴史性のあるストーリーよりも構築美のあるストーリー(≒プロット)が好きです。上記三作にはきわめてシンプルかつ美しいプロットがある。他の作品はただ単にだらだらしているだけである。これが僕の意見です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 02, 2005

暑いって

現在、↓をやっております。

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海
B00013RAAO
ナムコ 2003-12-05
売り上げランキング : 1,361

おすすめ平均 star
starなかなか
star補足事項
star骨までしゃぶり尽くそう

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

面白いです。
最初は気に入らなくて、売ろうかと思いました。声が聞こえにくい。視点がひいたところで固定されていて物が見えにくい。カードバトルってそもそも面白いのか?……と長く放置状態だったんですが。
先に進むにつれじょじょに愉しくなってきました。カードバトルも意外に奥が深く、良い感じです。
攻略本も買ったです。

4902372029バテン・カイトス公式ソリューションガイド
キュービスト

ナムコ 2004-01-21
売り上げランキング : 80,608
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


メモメモ。
覆面作家と顔なし死体。
やっぱだめか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 21, 2005

『YAKATA』プレイ日記―2

ゲーム日記。『YAKATA』の第2章をクリアした。昨日のようにネタバレだらけ。もしかすると攻略に役立つことがあるかも。

水車館に到着。玄関ホールに入り右の扉から通路を進む(左にも行けるがマップが手に入ってから行ったほうがいい)。執事とメイドを南東のホールに発見。4人の客を探すことになる。客室は南東のホールの1階と2階にある。館の主・紀一氏とその養女ユリエが行方不明らしい。不思議な力によって彼らは館に閉じ込められている。マップをもらう。館を探索。魔物がけっこう強い。食堂のエレベーターで2階へ。ユリエの部屋でミズキがピアノを弾いてくれる。引き続き館を探検。一通りめぐって玄関ホールへ行くと、ミズキが外に出ようと言い出す。何かを思い出すミズキ。
北東の小ホールに戻る。壁のローマ数字を押す。小ホール全体が巨大エレベーターに! 4階に閉じ込められているユリエを助けるために、4つの悪夢界に行かなくてはならないらしい。3階のアトリエの絵から第一の悪夢界へ。鍵となるアイテムを入手しつつ先へ進む。途中でバクをいじめているメルカトルを発見。鬼畜め! メルを倒す。バクから悪夢界の地図をもらう。ようやくバクのクリスタルの使い方がわかる。合成でマグマの鎧をゲット。バクの店で買い物。ボス「笑う女」を倒し、歯車入手、悪夢界脱出。
巨大エレベーターが動かなくなっているので、中庭のエレベーター制御室を出現させる。制御室に降りていくと紀一の死体が! 紀一の寝室のタンスからマスクを入手。寝室の絵から第二の悪夢界へ。合成で水神の刀ゲット。ミズキが鬼のように強くなる。全体攻撃してくるボス「黄金のヴィーナス」を倒し、歯車入手、脱出。
次にどうすればよいかわからなくなり、ウロウロ。北回廊に描かれていない絵を発見。第三の悪夢界へ。迷いやすいので攻略に時間がかかった。ステッキを手に入れ、本物のカードを入手。ボス「ダリのまゆ」をさくっと倒し、歯車入手脱出。疲れた……。このゲームっておつかいが多いなぁ。
東回廊と西回廊にかけられている大きな絵を入れ替え、第四の悪夢界へ。もう悪夢界いやだ。が今度は簡単だった。ボス「ものすごい叫び」を倒し、歯車入手脱出。
すべての歯車を機械にはめると美麗なアニメーションシーンが。水車が動いた! 紀一の部屋から地下へ。「幻影群像」。そして「ゾンビ紀一」現る! 連戦で強敵「タンビ」戦。ミズキに回復させ、ミルコの火炎でごり押し。勝てたのか? 悪夢の石版1をゲット。ユリエを救出し、水車館を出る。第3章へ。

謎解きが難しい。わかりやすいのもあるが、詰まるとどうしていいのか分からなくなる。ヒントは必ずあるのでそれを手がかりにして解かなければならないらしい。
迷路館はさらに難しそうで不安である。
『水車館の殺人』を読み返してみたくなった。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 20, 2005

『YAKATA』プレイ日記―1

基本的にネタバレだらけです。

説明書を読まずにさっそくプレイ。プロローグで主人公が乗っていた船が難破して遭難。しかし運よく目的地・角島に漂着。主人公は記憶を失ったらしい。船を操縦していたおじさんがどうなったか気になる……。
主人公の名前入力。僕のペンネーム倉本光からとって「ヒカリ」とする。
ずんずん歩いて森に入る。服が変わっている! どうやらダンジョンらしい。視界が狭く、視点が勝手に回るので、すぐに迷う。「このさきダンジョンで苦労しそうだ……」とクリアできるか不安になる。少し歩くとアリと戦闘になる。おー、普通のRPGだ。けっこう苦戦するがなんとか倒す。
とりあえず茶色く土が出ている道をたどって進む。脇の道は無視。途中で光る石碑のようなものがあるが何なのかよくわからない。
森を脱出。船着場の小屋で休息、セーブ。先へ進むと、ふたたび森。難なく脱出。館のようなものが前方に現われる。わ、十角館だ! 中には入れない。そのさきの大きな屋敷に入る。屋敷を少し探検。壁が高くて見えにくい。マップをゲット。応接室でミズキ、ソウイチ、ミルコと対面。心理テスト。「何かを後悔し、とてもそれを悔やんでいる。そして自分を責めている。」……。中村千織から説明を受ける。ふたたび屋敷を探検。自分の部屋で回想、就寝。
執事が起こしに来て目を覚ます。密室殺人! ランコ登場。解散。ピアノから穴の空いた紙を発見。千織の居間に行く。絵に鍵穴を発見。パソコンでデータを見るから仲間を集合させろといわれる。ソウイチだけが見つからず探し回るがソウイチ=ランコだということに気づくorz。
パソコンでデータを見る。要するにそれぞれの館に封印された石板を破壊すればよいらしい。数字が書いてある紙を図書室で発見。さっそく十角館へ向かうが中に入れない。十角館の鍵が見つからず、小一時間ウロウロしながら悩む。サンルームで絵筆の鍵を発見。やっと先に進める。千織の居間の絵をどけて金庫を発見。数字表を活用して金庫を開ける。十角館の鍵ゲット。
十角館に入る。鍵をもらうために鬼怒川を探す。船着場の小屋で鬼怒川を発見。鍵をもらい十角館へ戻り、水車館へ。水車館のゲートが開き第2章へ。

楽しんでやっています。予想以上に面白いです。館シリーズを読んだのはずいぶん前なので記憶が薄れていますが、やっているうちにいろいろ思い出してきました。僕も館シリーズに一度はまったくちなのです。
今後もこんな感じでプレイ日記を書いていきます。

| | Comments (0) | TrackBack (1)