« | Main | タイトルなし(BlogPet) »

March 28, 2006

trivial氏に対する反論。

3月27日付の日記「感想文についての雑感」について「あれ?」と思うところが多々あった。

1、一般論としては読書感想文にはロジックはいらない。論証したければしても構わないけれど、ただ「本を読んで自分はこんなふうに感じた」と書くだけでも足りる。

 「読書感想文にはロジックはいらない」という「一般論」を初めて聞いた。読書感想文とは読書の感想を書くもののことだろう。感想が常に理屈を伴わないとは限らない。むしろある程度の年齢に達したら、理屈を伴わない感想を抱くのは稀だろう。それともtrivial氏は小学生が書く読書感想文をイメージしているのだろうか?
 もしこれが僕がこのブログで使っているカテゴリのことをさしているのなら、そんなことは余計なおせっかいである。僕が「読書感想文」という名のもとで理屈っぽい感想を書こうが勝手ではないか。「読書感想文」ではなく、trivial氏のように、「読書」というカテゴリにしておけばよかったのだろうか? カテゴリの名前など僕には瑣末な(trivial)ことに思えるのだが。論理的であろうとすることと瑣末なことにこだわることは同じではないはずだ。
 2については異論はない。
 もし僕の感想について書かれているのならば、僕の表現力が不足していたのだろう。
 3についても同意する。ただすべてのミステリを読んでいる人がいない以上、「読んでいなかった。すまない」と言うことくらいは許されそうだが。それに別の作品のパクリとしてもパクリはパクリだ。ただ僕個人はパクリはそんなに悪いこととは思わない。
 4は当たり前すぎてなぜ敢えて書かれたか分からない。
 5についての定義も寡聞にして聞かないもので、もし常識であるのならば僕が無知だっただけだろう。僕は失敗作は文字通り「失敗した作品」(ハードル云々は関係なく)、駄作は出来の悪い作品の意味と考えていた。辞書にもそうあるので、おそらく間違っていないと思う。


 別に喧嘩するつもりはなかったですけどね・・・。
 ただtrivial氏がフェアプレイを「読者対探偵」と捉えられているらしいこと、それを倒叙ものにも適用されていること、「読者には犯人を指摘し得ない」という表現などについて、「あれ、おかしいな?」と思っただけなのですが・・・。
 今後『扉』や石持氏については自分からは一切発言をしないことにします。

|

« | Main | タイトルなし(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« | Main | タイトルなし(BlogPet) »