« | Main | »

March 07, 2006

つまらない人間が生きているのを見ると、死ぬのが惜しくなる。

この世は軽蔑ゲーム。

僕は自殺肯定論者です。ただ、自殺しようとしている人がいたら止めるでしょう。それでも死ぬというのならば好きにさせます。自殺は善悪じゃないのです。その人が強いか弱いか、それだけです。
いままで何度も自殺を考えましたが、いまだに死んでいないのは、自分をマシな人間と思っているせいでしょう。まだ希望はありすぎるほどあります。これらがすべて消えてしまったら死ぬでしょう。いつでも死ねるのだったらすぐに死ぬ必要はない。ひとつでもいいことがあれば、それですべての不幸が報われる。僕はそう思って今までやれてきたし、これからもやれるはずです。そう簡単には死ねません。

|

« | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« | Main | »