« | Main | 13日の金曜日(BlogPet) »

January 17, 2006

本格観の相違について

参考。

もうこの際、「本格」とは何かを徹底的に究明すべきだろう。評論家諸氏!
で大事なのは、「本格」を固定的なものとして捉えないこと、すなわち「本格」を史的観点から眺めることだと思う。海外において「本格」はどのように捉えられているか。日本では、甲賀三郎から始まって、どのように作家および読者の本格観が揺れ動いてきたのか。
僕が思うにそのようにして源流に遡ることは保守的になることではない。むしろ幻がいかに立ち現れ、どのように形を変えてきたかを発見することだ。
ニーチェ的なやり方ですが、誰か力のある人はやってみませんか。(っていうか誰も見てないだろ)

|

« | Main | 13日の金曜日(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本格観の相違について:

« | Main | 13日の金曜日(BlogPet) »