« 『生きるべきか死ぬべきか』 | Main | »

December 05, 2005

『アンダルシアの犬』

B00006GJI7アンダルシアの犬
シモーヌ・マルイユ ピエール・パチョフ ルイス・ブニュエル

アイ・ヴィー・シー 2002-09-25
売り上げランキング : 11,756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原題:UN CHIEN ANDALOU
製作:1928年 フランス
監督:ルイス・ブニュエル
出演:ピエール・バチェフ Pierre Batcheff
シモーヌ・マルイユ
ハイメ・ミラビエス
サルヴァドール・ダリ Salvador Dali
ルイス・ブニュエル Luis Bunuel
時間:17分

シュールレアリズムの巨匠・ダリが脚本・出演をこなし、『ビリディアナ』のルイス・ブニュエルと組んだ異色作。ダリの自由奔放な感性とブニュエルの技術とが融合し、断片的に積み重ねられた映像で綴られたアート作品。

★★★★(8点)

とても怖かったです。邦画『リング』のビデオテープの映像を思い出しました。わけが分からないが異常に怖いという、あんな感じの映像です。
時間も短く、意味不明なのですが、強烈な印象を残す作品ですね。音楽も良かったです。一見の価値あり。

|

« 『生きるべきか死ぬべきか』 | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『アンダルシアの犬』:

« 『生きるべきか死ぬべきか』 | Main | »