« 『アンダルシアの犬』 | Main | »

December 05, 2005

ミステリへの愛が薄くなっていくのを感じる今日この頃。

氷川透氏のHPの雑文にある麻耶『神様ゲーム』の解釈は面白い。
(ところでこういう破綻したミステリが「本格」として高く評価されるから僕はミステリファンを信用しないのだ。)
「神様が正しいとすると、論理が破綻してしまう。だから、論理のほうが正しく、神様は間違っている」ということだと思う。神様と論理を秤にかけて、論理のほうをとる姿勢がミステリ作家として素晴らしい。

僕はただ単に麻耶氏の計算違いだったと思う。
まあこれにしたって、「神様=作者」の間違いと言える。そこまで麻耶氏が考慮に入れていたのなら(つまりわざと「作者」が間違ったのだとしたら)、僕は麻耶氏を天才だと呼ぼう。『神様ゲーム』を天才による天才的な実験作だと。

もちろん本人はそこまで考えていないだろうけどね。

どうも僕は他人からバカと思われているせいで、僕の書く文章を理解してもらっていない気がする。バカはバカですがごくたまに意味のあることも書きますです。

|

« 『アンダルシアの犬』 | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« 『アンダルシアの犬』 | Main | »