« | Main | 『ボウリング・フォー・コロンバイン』 »

December 18, 2005

『カッコーの巣の上で』

B0007IOJSYカッコーの巣の上で
ジャック・ニコルソン ケン・キージー ミロス・フォアマン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-02-25
売り上げランキング : 5,724

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

原題:ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST
    (1975年 アメリカ)
監督:ミロス・フォアマン Milos Forman
製作:ソウル・ゼインツ Saul Zaentz
マイケル・ダグラス Michael Douglas
原作:ケン・キージー Ken Kesey
脚本:ローレンス・ホーベン Laurence Hauben
ボー・ゴールドマン Bo Goldman
撮影:ハスケル・ウェクスラー Haskell Wexler
ビル・バトラー Bill Butler
音楽:ジャック・ニッチェ Jack Nitzsche
出演:ジャック・ニコルソン Jack Nicholson
ルイーズ・フレッチャー Louise Fletcher
マイケル・ベリーマン Michael Berryman
ブラッド・ドゥーリフ Brad Dourif
ウィル・サンプソン Will Sampson
クリストファー・ロイド Christopher Lloyd
ダニー・デヴィート Danny DeVito
ポール・ベネディクト Paul Benedict
スキャットマン・クローザース Scatman Crothers
ネイサン・ジョージ Nathan George
時間:129分

オレゴン州の精神病院に、型破りな人間ランドルが送られてきた。仮病を使って刑務所を抜けだしたのだ。ランドルはなにかにつけて規律を乱し、ラチェッド婦長ら病院側と対立する。そしてついにランドルは患者を扇動した。

★★★★☆(9点)

これはいい映画ですね。感動しました。
分かりやすくて面白い映画なので、誰にでもお薦めできます。
精神病院内の話なのですが、社会の規律が嫌になった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。その思いを反抗的行動に移すかどうかは別としても。そういう意味で、多くの人が共感できるのも分かります。
ただこの作品の場合は、一般的な社会規律ではなくて、人間としての尊厳を損なうほどの精神病院の処遇を批判しているわけです。心の病を持っているとしても人間なのですからね。

|

« | Main | 『ボウリング・フォー・コロンバイン』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『カッコーの巣の上で』:

» 第48回.アカデミー賞『カッコーの巣の上で』(1975) [【Fantastic Cinema】 アカデミー賞 - 受賞作品カタログ]
作品賞:カッコーの巣の上で 『ミロシュ・フォアマン監督』 『アマデウス』の名匠ミロス・フォアマン監督、ソウル・ゼインツ製作 1975年度アカデミー賞主要5部門を独占した不朽の名作! 1963年9月のある日。オレゴン州立精神病院にひとりの男が連れられてきた。ラン..... [Read More]

Tracked on December 19, 2005 03:22 PM

« | Main | 『ボウリング・フォー・コロンバイン』 »