« | Main | 『ダイヤルMを廻せ!』 »

November 19, 2005

『12モンキーズ』

B00005V2R012モンキーズ
ブルース・ウィリス ブラッド・ピット マデリーン・ストウ

松竹 2002-02-21
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

を観た。

21世紀初頭、人類は細菌によって絶滅の危機に瀕していた。科学者たちは細菌の流布に「12モンキーズ」が関わっていると突き止め、囚人ジェームズ・コール(ブルース・ウィリス)を細菌が蔓延しはじめた1996年に送り込む。細菌をまいたのは果たして誰なのか…。

現在と過去を行き来するタイムスリップものなのだが、どうしてもよくわからない箇所がある。
コールが過去へ行き、そこで現実に微妙な変化をもたらす。それが現在に影響する。しかしコールが過去へタイムスリップする前に、その変化がすでに現在においてあるというのはどういうことなのだろう?
現在においてコールが過去に行くか行かないかは決定されていないはず。それなのに、すでにコールが過去に行ったかのように現在がなっているのはおかしい気がする。
この矛盾を解決するには、時間を越えて、すべての出来事が決定されている、と考えなければならないと思う。つまり過去、現在、未来、すべての時間の出来事が、決定されている。たぶんそういう設定でこの話は作られているのだと思う。
ブラッド・ピットがおもしろい演技をしています。

|

« | Main | 『ダイヤルMを廻せ!』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『12モンキーズ』:

» Adderall. [Adderall.]
Adderall. [Read More]

Tracked on May 20, 2007 08:56 PM

« | Main | 『ダイヤルMを廻せ!』 »