« 天樹征丸氏のクリエイター論について思うこと(BlogPet) | Main | 数学者と哲学者の闘い »

November 15, 2005

『太陽がいっぱい』『攻殻機動隊GHOST IN THE SHELL』

を観た。

B00006JL7T太陽がいっぱい
アラン・ドロン マリー・ラフォレ モーリス・ロネ

ジェネオン エンタテインメント 2002-10-25
売り上げランキング : 3,564

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

いちど観た映画は案外覚えているものだなと思った。それでも十分面白かった。やっぱり名作だと思う。
これが「醜男が裏町で夜中に殺す」話だったらつまらない。輝く太陽の下、アラン・ドロン演ずる美貌の青年が、ヨットの上で殺すから美しい。明るい情景の中で、観客が彼の胸中をめぐる暗い思惑をひしひしと感じるから面白い。


B00005EDM8GHOST IN THE SHELL~攻殻機動隊~
家弓家正 山寺宏一 川井憲次

バンダイビジュアル 1999-08-25
売り上げランキング : 1,546

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これも面白かった。初見。
ビジュアル的に楽しいと感じた。アニメは実写と違う眼の楽しませ方ができるから面白い。僕はこれまであんまりアニメ観てこなかったのだが、これから見ていこうと思う。

|

« 天樹征丸氏のクリエイター論について思うこと(BlogPet) | Main | 数学者と哲学者の闘い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『太陽がいっぱい』『攻殻機動隊GHOST IN THE SHELL』:

« 天樹征丸氏のクリエイター論について思うこと(BlogPet) | Main | 数学者と哲学者の闘い »