« 『オールド・ボーイ』 | Main | 『シーラ号の謎』(BlogPet) »

October 26, 2005

相棒~黒衣の花嫁~

を観た。
初回よりもマシだが、やはりつまらない。
何が原因かというと、要するに推理がダメ。それから人間心理に対する浅い認識がダメ。
「「ウエディング」と自分がメールしたとすれば、捜査のときは「ウェディング」と打ちそうなものです。またこうも考えられますよ。犯人が「ウエディング」とメールに打ったのは、大きな「エ」を使う人間を疑わせるためだったとも」(右京風)
これだけで推理はガタガタに崩れる。
もうひとつ分からないのは右京の推理が明らかに飛躍していること。なぜ、あの場にいた全員が犯人だといえるのか? なぜ一人とは考えられないか? もしくは二人、または三人とは?
右京たちが発見した大事なデータを隠しているというのも、卑怯です。
「証拠なんてあとで見つける!」ってドラマの中で言い訳するのはみっともないですよ。根拠の曖昧な推理しか構築できないことの言い訳にしか聞こえません。
死んでいるのを確認しないで川に流すというのもなあ。
いいかげん僕を感心させるものを作って欲しいですよ。

|

« 『オールド・ボーイ』 | Main | 『シーラ号の謎』(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 相棒~黒衣の花嫁~:

« 『オールド・ボーイ』 | Main | 『シーラ号の謎』(BlogPet) »