« 富永裕久『図解雑学 パラドクス』(BlogPet) | Main | 馴れ合いと批評(BlogPet) »

September 16, 2005

ナーゲル&ニューマン『ゲーデルは何を証明したか』と「悪魔の星」

を読んだ。
非常に分かりやすかった。ゲーデルの不完全性定理に興味がある人に強くお勧めしたい。
かなり簡略化された形だと思うが、証明のあらすじを追ってあって、それがまた分かりやすかった。驚異的なくらい分かりやすい。
数式は極端に少なく、文章で丁寧に説明してあるので、僕のような、数学の素養がない文系人間にも理解できた。

パズルコレクション2号を買った。今回は「悪魔の星」。
組み立てるのが難しい……らしいのだが、そんなに難しくないじゃん。5分くらいで分かったよ。うーん。これで1000円かあ。

|

« 富永裕久『図解雑学 パラドクス』(BlogPet) | Main | 馴れ合いと批評(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ナーゲル&ニューマン『ゲーデルは何を証明したか』と「悪魔の星」:

« 富永裕久『図解雑学 パラドクス』(BlogPet) | Main | 馴れ合いと批評(BlogPet) »