« 佐々木俊介『繭の夏』 | Main | »

September 12, 2005

なぜ、現実では「人を殺してはいけない」とされ、フィクションでもそのルールは概ね準用されるのに、現実世界の人間がフィクション世界の人間を死なせることはよいのでしょうか?

フィクション世界の「人間」は人間じゃないからでしょ。「死なせる」こともフィクションだし。
「現実世界の人間がフィクションの世界の人間を死なせる」という表現がそもそも意味不明。作者は神じゃありません。

|

« 佐々木俊介『繭の夏』 | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« 佐々木俊介『繭の夏』 | Main | »