« | Main | 30代半ばのレスラー達へ(BlogPet) »

September 07, 2005

つねに断言できる明白なことだけが、僕の頭の中にあるわけではない(それは誰にとっても同じことのはずだ)。曖昧さを残すことが、個人のブログのような領域で許されないはずがない。
時には自分の気持ちさえ、はっきり分からないことがあるのでは? 「~~である」と「~~であると思う」の違いを尊重することが、他人を尊重することではないだろうか。

それに「~~であると思う」に反論できない(しにくい)とは思わないのだが。(←「反論できる」と明確な表現にすべきか?)

むしろこう考えたらどうか。「私は~~と思う」を「ではあなたはどう思いますか?」と捉える。「これは私の意見であって、決して断言しているのではありません。私ははっきりとした考えをまだ持てていません。だからあなたが反論するのは自由ですし、むしろそうしてもらいたいのです」と。
要するに、物事は捉えようなのだ。

|

« | Main | 30代半ばのレスラー達へ(BlogPet) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« | Main | 30代半ばのレスラー達へ(BlogPet) »