« 論理パズル2 | Main | »

August 23, 2005

いま山下正男『論理的に考えること』を読んでます。
非常に分かりやすく、また内容もおもしろいです。著者はホームズ物語のファンなのでしょうか、ホームズ物語からの例が頻出します。
39節目に「ホームズの推理法は、病気の診断の方法に似ている」ということが書いてあります。「なるほど」と思いました。コナン・ドイルは医者ですし、ホームズのモデルとなったジョゼフ・ベル博士も医者なのです。

後件肯定式
PならばQ

ゆえにP

病気Aならば症状Bを呈する。
症状Bを呈している。
ゆえに病気Aである。

|

« 論理パズル2 | Main | »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« 論理パズル2 | Main | »