« 本棚事情 | Main | 匿名批評 »

May 08, 2005

笹沢左保『暗い傾斜』


を読んだ。
トリックはかなり早い段階でわかった。今の読者なら事件が起きたらすぐに見当がつくと思う。通俗なメロドラマ調の展開にうんざりし、ばればれなトリックと犯人に退屈しながらも、最後まで読むことができた。
期待して読んだのだが、いまいち、という感じ。良くできた作品だとは思うが驚きがない。
しかしラスト2ページで少し評価が上がった。(以下ネタバレ)最初の一節が叙述トリックだと分かったからだ。こういうきれいな終わり方は好きだ。終わりよければすべてよし。(ここまで)
もう少しとんとん拍子に話が運べばもっと評価できたかもしれない。描写がくどく、雰囲気も古く、時代を感じさせる作品だ。
僕の本格の物差しからするとまだまだぬるいかな。もう少し情より知に重点がおかれていたほうが僕好みだ。

はてなアンテナってネタバレ伏字が見えてしまうんですね。

|

« 本棚事情 | Main | 匿名批評 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 笹沢左保『暗い傾斜』:

« 本棚事情 | Main | 匿名批評 »