« ♪本を売るなら | Main | 笹沢左保『暗い傾斜』 »

May 07, 2005

本棚事情

本棚の本を数えてみました。2000冊くらいあるんじゃないかと思ったら、意外に少なく1000冊程度でした。床にもたくさん本があるので、1200冊前後だと思います。そのうち読んでいるのはごくわずかだったり(笑)。
僕は基本的には読んだ本は手元に置いておきたいタイプなので、図書館はあまり利用しません。古本屋で入手しにくい本を買うことはあっても蔵書を売ることはあまりないです。
僕の本棚はちゃんとカテゴライズされ、著者名順に並んでいます。日本の作家(ミステリ・文学その他ジャンルごちゃ混ぜ)、海外の作家(同じ)、思想書・学問書関連、雑学書や雑誌や辞書など、というふうに本棚を分けて使ってます。
新たに買ったものは床積みにされ、それがたまっていくと本棚に収納されるのです。本棚に収納する際は、著者名順に並べなければならないので、一苦労します。
最近古本探しにハマっているのでまた本が増えるでしょう(笑)。

古本屋に売ることはない、と書きましたが、以前一度大放出をしたことがあります。そのころは完全にミステリに興味をなくしていた時期だったので、ミステリ関連の本を見境なく売り払いました。レアな本もあったのですが。馬鹿だったです。
不幸中の幸いは未読だったクイーンの国名シリーズを売らなかったことです。これを売っていたら、僕はミステリに戻ってこなかったでしょう。ミステリの面白さにふたたび目覚めたのは、国名シリーズを読んだからなのですから。

|

« ♪本を売るなら | Main | 笹沢左保『暗い傾斜』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本棚事情:

« ♪本を売るなら | Main | 笹沢左保『暗い傾斜』 »