« 夏目漱石『硝子戸の中』 | Main | ロマンチシズム »

April 12, 2005

有栖川有栖『孤島パズル』

(bk1の検索がおかしいのは僕だけ? しょうがないのでAmazonだけにリンクを貼っておきます。)
を読んだ。
面白かった。
こういう青春こそミステリ好きが望む青春だと思う。
孤島に招待され、宝探しをしようとしているときに、殺人事件が起こる。密室。クローズドサークル。連続殺人。神のごとき名探偵の先輩。ちょっとしたロマンス。
こういう経験はぜひともしてみたい。僕はもちろんワトソン役。被害者はいやだ。犯人も無理。
ろくな感想になっていないが、読んだ直後に書くと、僕の場合たいていこうなる。何か考えたらここに付け加えるつもりだ。

|

« 夏目漱石『硝子戸の中』 | Main | ロマンチシズム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 有栖川有栖『孤島パズル』:

» 有栖川有栖【孤島パズル】 [RentedHouse]
孤島パズル有栖川有栖の作品には二大シリーズがある。一つは作家・有栖川有栖が、友人の臨床犯罪学者・火村先生と謎解きを体験するシリーズ。もう一方は学生・有栖川有栖が、所属するサークルの部長・江神さんとさまざまな事件に遭遇するシリーズだ。前者の探偵は火村先生...... [Read More]

Tracked on February 06, 2006 03:19 AM

« 夏目漱石『硝子戸の中』 | Main | ロマンチシズム »