« Blog Pet | Main | 国名シリーズの装画 »

April 05, 2005

おお! 何の気の迷いかこんなものをしてしまった!

総合評価 恋愛レベル 「繁殖ゴキブリ級」 (18段階中 18位) 恋愛タイプ 「あきらめ型」

・恋愛タイプについて

世の中の不公平さや自分をわかってもらえないという不満がありつつも、もはや爆発する元気もないという年齢まできた「あきらめ型」に分類されました。卑屈にならずに思春期のような感情を思い出しましょう、などと言ってもジュナ丸さんには無駄だと思われます…。恋愛はあまり期待せぬよう…

・総評

全体としては、最悪の成績でした。完全に赤点です。ジュナ丸さんは、女性がどうこうという前に、まず真っ当に生きることから考える必要があるかもしれません。恋愛はその次の段階と言えるでしょう。 また、「こころ」が最高値を示したものの、それもごく並かそれ以下の成績であり、まだまだ磨く余地があります。向上心すらもあまりないように見受けられ、未来にも暗いものが感じられます。まずは意識改革が必要でしょう。

項目別評価
項目 コメント
恋愛プロセス
(評価 1) 恋愛プロセスは下手です。相手の意思にまかせっきりにしていたり、混乱のまま話が進んだりしそうです。詳細を見ても、不器用さが目立ちます。アプローチも下手で女性の気持ちを掴むワザは心得ていません。また付き合った後の維持も下手で、別れ方も下手です。自分勝手で相手の気持ちをよく把握できてないと思われます。要注意。
振る舞い
(評価 1) 行動や雰囲気についてはあまり良いとは言えません。話すことや態度を多少見直す必要があります。詳細を見ても、出すオーラのなさ、雰囲気の悪さが目立ちます。性格は全く悪くないようなのですが、表にそれが出ていません。恋愛となれば「いい人」だけではモテずプラスアルファを必要とするので、自分を磨くためにも多くの人と接する機会を設けたいところです。女性への対応もいまいち。
向上心
(評価 2) 向上心についてはほとんどありません。今が良いにせよ悪いにせよ、その姿勢は女性からはがっかりされそうです。肉体面やファッションで気を抜きすぎではありませんか?女性にこびを売る必要はありませんが、自分に甘い人は当然同じような人からしか好かれず、それは望ましくないはずです。何か夢があって頑張る姿は素敵で良いのですが、それを理由に他の部分で努力できないというのはもったいない気がします。
考える力
(評価 1) 考える力が欠けています。あまり頭で考えないので、何度付き合っても同じ失敗を繰り返す可能性があります。いつのまにか相手を凄く嫌いになって別れることが多くないですか?彼女ができても、何が何だかわからないまま腹が立ち、何が何だかわからないままお互いの主張を繰り返し、いつのまにか嫌悪感が残るでしょう。これでは学習しない「獣」同然です。じっくり考え、思いやり、理解することから始めましょう。
こころ
(評価 3) 「こころ」については普通の評価です。まず感受性が強く、感情を強く持つために、人に優しくなれるタイプと言えるでしょう。相手次第で大変な幸せを得られる素質があります。また自分の気持ちも表現でき、心が共鳴し合う素敵な関係を築くことができます。ただし一歩間違えて少しでもズルいタイプの人を彼女にしてしまうと、たちまちジュナ丸さんは翻弄され疲れ果てることでしょう。要注意です。
オプション
(評価 2) 「オプション」は露骨な部門ですが、ここにこだわる女性が多いことを考えれば、この成績は厳しいものといえます。各項目の評価すれば、どれもこれもあまり成績が良くありませんでした。その他特典はいいとして、経済力についてはある程度年齢が上になれば男性に露骨に求められる項目ですので、なんとかしたいものです。ルックスはジュナ丸さんの意思が大きく左右するものです。中身から醸し出すかっこよさがほしいですね。

そのほかの語りたいポイント
・どことなくどよーんと湿ったオーラがジュナ丸さんから漂っています
・難しい話をする女性は苦手ですか?少し難しい話になると聞いてないタイプです
・ジュナ丸さんは、彼女ができても早いうちに飽きるタイプです
・まだまだ精神的にヒヨッコで、女性関係を論じるには早いかもしれません
・ジュナ丸さんには年下の彼女がお似合いです
・出会ってから理解が深まるまでがジュナ丸さんの最大の難関です。恋愛初期はとっても下手です
・23歳のわりにはとても子供っぽい考え方をしています

……なるほど。

|

« Blog Pet | Main | 国名シリーズの装画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference :

« Blog Pet | Main | 国名シリーズの装画 »